スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

7月のPersonal Chart

 2008-07-27
1位: Katy Perry / Hot N Cold
2位: Maroon 5 / Little Of Your Time
3位: The Ting Tings / Shut Up And Let Me Go
4位: Rihanna / Disturbia
5位: The Ting Tings / That's Not My Name
6位: Maroon 5 / Can't Stop
7位: Maroon 5 / Not Fallin' Apart
8位: Kardinal Offishall / Dangerous (feat. Akon)
9位: Keri Hilson / Energy
10位: Lady GaGa / Just Dance (feat. Colby O'Donis & Akon)


One of the Boysイット・ウォント・ビー・スーン・ビフォー・ロングWe Started Nothing

11位: Flo Rida / In The Ayer (feat. will.i.am)
12位: Natasha Bedingfield / Angel
13位: Maroon 5 / If I Never See Your Face Again (feat. Rihanna)
14位: Madonna / Give It 2 Me
15位: Mariah Carey / I'll Be Lovin' U Long Time
16位: Perfume / love the world
17位: Rihanna / Take A Bow
18位: The Pussycat Dolls / When I Grow Up
19位: Jessica Simpson / Come On Over
20位: Rihanna / Shut Up And Drive
スポンサーサイト

アルバムの感想その2

 2008-07-26
Natasha Bedingfield / Pocketful Of Sunshine
ポケットフル・オブ・サンシャイン

おとなしい曲が多かった前作『N.B.』(と言っても僕は持ってません。)からの6曲を後半に配置し、
今作用に新録された売れ線型のアップナンバーを前半に配置した
バランス・内容ともにとても優れたアルバム。
R&B、エレクトロ、フォーク、どれをもうまく消化しながら、
あくまでPopミュージックとして聞かせてくれるNatashaさんは本当に素敵です。
楽曲の方もどれも「本気度100%」にキャッチー&パワフルなつくりで、
非常に聞き応えがあります。
まぁ、どういう曲を歌っても彼女は声に特徴があるので、唯一無二の曲に仕上がるわけですね。

…と、これが純粋に発売されたアルバムなら手放しで賞賛するのですが、
汚い言葉で言えばこれは「アメリカでヒットする様に媚びたアルバム」なわけですよ。
「本当にこれが彼女の表現したかった世界観なのかどうか?」
という疑問はどうしても残ってしまいます。
「本当のところは肩の力を抜いて、内省的でもの静かな
『N.B.』の世界観を表現したかったのではないだろうか?」
「このアルバムは彼女の意見よりも、
事務所の意向が大きく働いているのではないだろうか?」とかね。
こういうことをすると、地元イギリスのファンは悲しみそうだし。

良いアルバムには100%間違いないのですが、複雑な思いの残るアルバムでした。
そんな思いの中、このアルバムからの3rdシングルが
Rodney JerkinsプロデュースによるR&Bテイストの強い「Angel」に決定。
これも良い曲なのでみんな聞いて!

P!NK IS BACK!!!

 2008-07-25
P!nk

前作『I'm Not Dead』で第2全盛期を迎えたP!nk姐さんが久々に帰ってきます。
ニューアルバムの発売日はアメリカで10月28日。
先行シングル「So What」(Max Martinプロデュース)のVideoは
来週に解禁されるとのことです。
個人的には下半期で一番期待していますので!
前作の先行シングル「Stupid Girls」みたいに変なプロモーションはしないで、
普通に良い曲を聞かせて欲しいです。

Rihanna / Disturbia

 2008-07-24
これは面白い
なんか、昔のMadonna辺りが好んでやりそうな話題性抜群のPVです。
曲の錯乱状態を上手く表現出来ているんじゃないでしょうか。
最初は「Don't Stop The Music」のパワーダウンバージョンじゃねぇか!と思っていましたが、
最近この曲にハマっています。

アルバムの感想その1

 2008-07-22
Goldfrapp / Seventh Tree
セヴンス・ツリー

前作のダンスポップ路線から一転、
今回はフォークとエレクトロニカの融合(フォークトロニカ)を試みたようです。
僕が彼女らを好きなのはジャンルの枠にとらわれないから。
自分を全て包み込んでくれるような美しく計算された音色使いは、本当に癒されます。
シングルカットされた「Happiness」や「Caravan Girl」こそ展開の分かりやすい
比較的ポップでライトな曲ですが、
その他の曲は聞くごとに良さがジワリジワリと広がってくるスローナンバーばかり。
ということで、このアルバムは聞くときのテンションによって評価が変わります。
僕は通勤中や気分をアゲたいときに音楽を聞くことが多いのですが、
そういうときには聞くべきではないですね。
寝る前やイライラした心を落ち着けるときに聞くのが最適。


Flo Rida / Mail On Sunday
メール・オン・サンデー

「Elevator (feat. Timbaland)」と「In The Ayer (feat. will.i.am)」が最強だったし、
彼の歌うようなフロウも結構好きだったのでノリで購入。
ラップアルバムとして買うのは去年のNas以来かな。
巷の評判は意外と(?)好評なようですが、
個人的にはシングル曲以外に聞きたいと思ったのがほとんどナッシング。
あと、アルバム聞くまで気にしませんでしたが、高音部分での彼の声の裏返りが耳に障ります。
やっぱり柄にないアルバムを買うもんじゃないなぁと思いました…(笑)
ラップ好きには難なく受け入れられそうな、あっさり感はありましたが。
それは別として「Low (feat. T-Pain)」が10週連続1位だった割には、
アルバムのトータル売り上げがアメリカで約30万枚というのは少しかわいそうな気もする。

7/26付け The Billboard Hot 100

 2008-07-21
どんどん興味が薄れていく…。
こんな更新でごめんなさい。

Top10
 1   → (10) Katy Perry / I Kissed A Girl [4 Weeks]
 2   → (14) Rihanna / Take A Bow
 3   → (18) Lil Wayne / Lollipop (feat. Static Major)
 4  ↑2 (12) Chris Brown / Forever [★SALES]
 5  ↓1 (22) Leona Lewis / Bleeding Love
 6  ↑1 (22) Natasha Bedingfield / Pocketful Of Sunshine
 7  ↓2 (10) Coldplay / Viva La Vida
 8  ↑3 (12) Lil Wayne / A Milli
 9  ↑1 ( 6) Miley Cyrus / 7 Things

10  ↓1 (16) Plies / Bust It Baby Part2 (feat. Ne-Yo)

Katy PerryChris BrownLil Wayne

Katy Perryが4週連続1位。Lil Wayneの「A Milli」がTop10内にランクアップ。


Top40圏内注目曲
11  ↑2 (12) Jesse McCartney / Leavin' [★AIRPLAY]
14  ↑2 (10) Kardinal Offishall / Dangerous (feat. Akon)
17 ↑10 (13) Ne-Yo / Closer
18  ↑6 (10) David Banner / Get Like Me (feat. Chris Brown & Yung Joc)
19  ↑2 ( 9) Three 6 Mafia / Lolli Lolli (Pop That Body) (feat. Project Pat, Young D & Superpower)
20  ↑2 (12) The-Dream / I Luv Your Girl
28  ↑9 (11) Keyshia Cole / Heaven Sent
30  ↑5 ( 7) Lil Wayne / Got Money (feat. T-Pain)
31  ↑9 (13) Estelle / American Boy (feat. Kanye West)
32 ↑12 (13) Jason Mraz / I'm Yours
35  ↑7 ( 6) Young Jeezy / Put On (feat. Kanye West)
38  ↑8 ( 8) Taylor Swift / Should've Said No
40  ↑5 (10) Alan Jackson / Good Time


ここへ来てNe-Yoが加速している!

Jason MrazTaylor SwiftAlan Jackson

7/26付け The Billboard Hot 100 の続きを読む

7/19付け The Billboard Hot 100

 2008-07-20
Top10
 1   → ( 9) Katy Perry / I Kissed A Girl [3 Weeks]
 2  ↑2 (13) Rihanna / Take A Bow

 3  ↓1 (17) Lil Wayne / Lollipop (feat. Static Major)
 4  ↓1 (21) Leona Lewis / Bleeding Love
 5  ↑1 ( 9) Coldplay / Viva La Vida
 6  ↑2 (11) Chris Brown / Forever
 7  ↑3 (21) Natasha Bedingfield / Pocketful Of Sunshine

 8  ↓3 ( 2) Jonas Brothers / Burnin' Up
 9  ↓2 (15) Plies / Bust It Baby Part 2 (feat. Ne-Yo)
10  ↑6 ( 5) Miley Cyrus / 7 Things [★SALES]

Katy PerryRihannaMiley Cyrus


Top40圏内注目曲
11  ↑3 (11) Lil Wayne / A Milli [★AIRPLAY]
13  ↑4 (11) Jesse McCartney / Leavin'
16  ↑7 ( 9) Kardinal Offshall / Dangerous (feat. Akon)
21  ↑3 ( 8) Three 6 Mafia / Lolli Lolli (Pop That Body) (feat. Project Pat, Young D & Superpower)
22  ↑4 (11) The-Dream / I Luv Your Girl
24  ↑3 ( 9) David Banner / Get Like Me (feat. Chris Brown & Yung Joc)
27  ↑2 (12) Ne-Yo / Closer
34  ↑4 (26) John Mayer / Say
35 ↑11 ( 6) Lil Wayne / Got Money (feat. T-Pain)
36  ↑3 ( 8) New Kids On The Block / Summertime
38 NEW (  ) DJ Khaled / Out Here Grindin (feat. Akon, Rick Ross, Young Jeezy, Lil' Boosie, Trick Daddy, Ace Hood & Plies)

DJ Khaled

7/19付け The Billboard Hot 100 の続きを読む

Santogold, Julian Casablancas (from The Strokes) & N.E.R.D. / My Drive Thru

 2008-07-13
My Drive Thru



異色の組み合わせによる変わった曲ですが超ファンキー!
プロデュースはPharrell。
ちなみにこの曲はwww.converse.comで無料ダウンロード出来ます。
(ちょっと場所が分かりにくいけど。)
実際の音源はPVと違って4分7秒あります。

Jessica Simpson / Come On Over

 2008-07-12
Come On Over

今回はカントリーミュージックの道を選んだJessica Simpson。
これが意外なことに結構しっくりきていると思うんですよ。

2008年上半期Personal Chart

 2008-07-06
自己満足100%の上半期Personal Chartです。

今年によく聞いて気に入っているやつ。

[アルバム]
1位: Madonna / Hard Candy
2位: Natasha Bedingfield / Pocketful Of Sunshine
3位: Perfume / GAME
4位: 宇多田ヒカル / HEART STATION
5位: Britney Spears / Blackout
6位: Goldfrapp / Seventh Tree
7位: Kylie Minogue / X
8位: Nickelback / All the Right Reasons
9位: Danity Kane / Welcome to the Dollhouse
10位: L'Arc~en~Ciel / KISS


ハード・キャンディーポケットフル・オブ・サンシャインGAME(DVD付) 【初回限定盤】

環境の変化があって、去年に比べて買ったアルバムの数が極端に減ってしまいました。しかもどんどん自分の趣味が女性Pop寄りになっていきていて、話があう人がより一層周りにいなくなっています(つД`) 上半期を主に支えたのは上位5枚のアルバム。


今年にシングルカットされたやつ。

[シングル]
1位: Madonna / Give It 2 Me
2位: Miley Cyrus / See You Again
3位: Natasha Bedingfield / Pocketful Of Sunshine
4位: Ne-Yo / Closer
5位: Maroon 5 / Won't Go Home Without You
6位: Danity Kane / Damaged
7位: Chris Brown / Forever
8位: Goldfrapp / A&E
9位: The Ting Tings / That's Not My Name
10位: Flo Rida / Elevator (feat. Timbaland)


Give It 2 MeSee You AgainPocketful Of Sunshine

つーわけで、こっちも思いっきりPop、Pop、Pop!


下半期も良い音楽に出会えますように。

7/12付け The Billboard Hot 100

 2008-07-05
Top10
 1   → ( 8) Katy Perry / I Kissed A Girl [2 Weeks][★AIRPLAY]
 2   → (16) Lil Wayne / Lollipop (feat. Static Major)
 3   → (20) Leona Lewis / Bleeding Love [★SALES]
 4   → (12) Rihanna / Take A Bow
 5 NEW (  ) Jonas Brothers / Burnin' Up
 6   → ( 8) Coldplay / Viva La Vida
 7  ↑1 (14) Plies / Bust It Baby Part 2 (feat. Ne-Yo)

 8  ↓1 (10) Chris Brown / Forever
 9  ↑2 ( 2) Demi Lovato & Joe Jonas / This Is Me
10  ↓5 (20) Natasha Bedingfield / Pocketful Of Sunshine

Katy PerryLeona LewisJonas Brothers

Katy Perryがエアプレイ数最多増加で2週連続の1位。この調子でいけばしばらくは1位の可能性が高いですね。Leona Lewisがダウンロード数最多増加。Jonas Brothersがダウンロード解禁によって5位に初登場。『Camp Rock』のサントラからの曲「This Is Me」がTop10入り。
[→Katy Perry / I Kissed A Girl (Video)]
[→Leona Lewis / Bleeding Love (Video)]
[→Jonas Brothers / Burnin' Up (Video)]


Top40圏内注目曲
11  ↑7 ( 2) Rihanna / Disturbia
14  ↑7 (10) Lil Wayne / A Milli
19 ↑72 ( 2) Sugarland / All I Want To Do
27  ↑5 ( 8) David Banner / Get Like Me (feat. Chris Brown & Yung Joc)
35  ↑4 ( 9) Keyshia Cole / Heaven Sent
37  ↑3 (10) Duffy / Mercy
38  ↑4 (25) John Mayer / Say
39  ↑4 ( 7) New Kids On The Block / Summertime

今週のTop40ニューエントリーは3曲。
Jonas BrothersSugarlandNew Kids On The Block

7/12付け The Billboard Hot 100 の続きを読む

Mariah Carey / I'll Be Lovin' U Long Time (feat. T.I.)

 2008-07-04
E=MC2~MIMI第2章(通常盤)

本当に自分が好きだね、この人は。。。

アルバム『E=MC²』からの3rdシングル。
曲の方は今のMariahの良さが詰まっていて、
今回のアルバムからのシングルカットの中では一番好き。

Run Away, Run Away !!!

 2008-07-03

Jay Sean / Maybe

 2008-07-02
マイ・オウン・ウェイ

まさかの日本盤発売に驚き!
ポップセンスを兼ね備えたインド系R&Bシンガー、Jay Seanの日本でのデビューシングル「Maybe」。
美メロすぎ。今はあんまり本格的なR&Bは聞きたくないのでこういうのがピッタリな気分です。
UKでこの曲は18位、アルバムは6位とこの手のジャンルにしては成功を収めました。
アルバムは買う予定。

Dizzee Rascal / Dance Wiv Me (feat. Calvin Harris & Chrome)

 2008-07-01
Dizzee Rascal
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。