スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

宇多田ヒカル 『HEART STATION』

 2008-03-31
前も言ったけど、今度のブログでは時間をあまりかけずに一つの記事を書くことを心がけている。この記事のようにアルバムの感想を書くときだって、以前はもう一度通してアルバムを聞きなおして、更に歌詞と睨めっこしながら考えに考えながら感想を書いた。でも今はそういう気分じゃない。音楽なんて感覚的でもっと自分に対して軽いものだと思う。身構えて音楽に対して触れたくない。そういうのは音楽業界に携わっている人に任せた。

HEART STATION

宇多田ヒカルの5thアルバム『HEART STATION』。

本人曰く「鬱病打開ソング」なオープニング曲、「Fight The Blues」で僕はもうメロメロ。打たれ弱い性格の自分にはピッタリな応援ソングでした。その後は説明不要なシングル曲が続き、7曲目のインタールードを境にアルバム曲が続いて行く構成です。実は今回のアルバムの肝となっているのがシングル曲の「ぼくはくま」だそうで、この曲がきっかけで気を楽にして楽曲をつくっていくことが出来たんだそうです。その結果、別れを素直に歌った大ヒット曲「Flavor Of Life -Ballad Version-」や、敢えて最近は避けて来たというデビュー当時のR&B路線を髣髴とさせる「Prisoner Of Love」のような曲が出来たらしい。なるほど。だから10曲目の「テイク 5」のアウトロを強制終了してまで11曲目の「ぼくはくま」に続けたかったんだ。

今更言うことでもないけど、彼女の曲って音遊びや言葉遊びが本当に面白い。
リンク先のAmazonのレビューで「クルリシンさん」が書かれているんだけど、
>歌手の娘さんで15で記録的な売れ方をした雲の上のスターのはずなのに、不思議と親近感を感じる
まさにこれ!
寂しさや不器用さ、恋心を素直な言い回しの歌詞で表現していて共感するところが多いです。
歌詞とここまで向き合えるのが邦楽の良さだとつくづく痛感しました。

前のアルバムとは違って、良い具合に肩の力の抜けたPopなアルバム。最後の曲が、夢に満ち溢れた「虹色バス」であることがこのアルバムの全てを物語っています。バックミュージックとしても本当に心地良く素直に聞ける。これをほとんど一人でやってのけたというんだからすごい! 僕はこのアルバムから「光」という言葉を連想しました。そして、Popなんだけど明るくなり過ぎることなく、どこか切なさを感じさせてくれるところがいかにも彼女らしくて好き。最初は前作の方が好きだと思っていたけど、今ではコッチの方が好きかな。個人的にはデビューアルバムに次ぐ出来の良さだと思う。

-------------------------------------------------

全く余談ですが、明日から僕は社会人になります。
打たれ弱いのできちんとやっていけるのか心配ですが、
「Fight The Blues」という曲を大事にしながら頑張っていきたいと思います。
ブログの更新頻度はもしかしたら低くなるかもだけど、やめる予定は全然ありません。
「やめたら負けだと思っている!」

We fight the blues
くよくよしてちゃ敵が喜ぶ
男も女もタフじゃなきゃね
I hate to lose
鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス
今宵もファイトのゴングが鳴る


今の心境にピッタリすぎて泣けるわ。
スポンサーサイト

宇多田ヒカル 『HEART STATION』 の続きを読む

2008年3月のPersonal Chart

 2008-03-29
1位: 宇多田ヒカル / HEART STATION
2位: Cobra Starship / The City Is At War
3位: 安室奈美恵 / WHAT A FEELING
4位: 宇多田ヒカル / Fight The Blues
5位: Danity Kane / Damaged
6位: L'Arc~en~Ciel / DAYBREAK'S BELL
7位: Goldfrapp / A&E
8位: 宇多田ヒカル / Beautiful World
9位: Leona Lewis / Bleeding Love
10位: Cherish / Killa (feat. Yung Joc)


HEART STATIONコブラ万歳!60s 70s 80s

11位: Britney Spears / Break The Ice
12位: Flo Rida / Elevator (feat. Timbaland)
13位: Colbie Caillat / Bubbly
14位: Miley Cyrus / See You Again
15位: 宇多田ヒカル / テイク 5
16位: Ashanti / The Way That I Love You
17位: Paula Abdul & Randy Jackson / Dance Like There's No Tomorrow
18位: Madonna / 4 Minutes (feat. Justin Timberlake)
19位: Does It Offend You, Yeah? / We Are Rockstars
20位: Kylie Minogue / No More Rain

4/5付け The Billboard Hot 100

 2008-03-27
Top10
 1  ↑7 ( 6) Leona Lewis / Bleeding Love [1 Week] [★SALES]
 2  ↓1 ( 6) Usher / Love In This Club (feat. Young Jeezy) [★AIRPLAY]
 3  ↑4 ( 8) Ray J & Yung Berg / Sexy Can I
 4   ↓2  (17)  Chris Brown / With You
 5  ↓1 (21) Sara Bareilles / Love Song
 6   → (12) Jordin Sparks duet with Chris Brown / No Air
 7   ↓4  (22)  Flo Rida / Low (feat. T-Pain)
 8   ↓3  (18)  Rihanna / Don't Stop The Music
 9 ↑76 ( 2) Lil Wayne / Lollipop (feat. Static Major)
10  ↑9 ( 5) Lil Mama / Shawty Get Loose (feat. Chris Brown & T-Pain)


Leona LewisLil WayneLil Mama

久しぶりに変動の大きいTop10に少し興奮。Leona Lewisがジャンプアップして1位に! UK出身の女性シンガーが1位になるのは20年振りの快挙だそうです。ゆくゆくは1位もありえるかなとは思ってましたが、こんなに早く結果が出るとは予想外でした! 他の国でもこの曲はヒットしているらしく、世界的規模のヒット曲となっています。来週の1位はダウンロードを遂に解禁した「あの人」になりそうですが。Ray J & Yung Bergもあっという間にTop3入り。あの印象の薄かったRay Jがいとも簡単にTop3入りするとは…。これも意外でした。姉のBrandyと完全に立場が逆転した印象を受けました。Lil WayneもいきなりのTop10入り。詳しくはあとで。Lil Mamaが「Lip Gloss」(最高10位)に続くTop10入りを果たしました。今週のTop10内にChris Brown関与曲が3曲も存在し、人気の高さを改めて示す形となりました。そんなChris Brownは、アルバム『Exclusive』に新たな曲を付け加えて6月に再発売することが決定。Rihannaのアルバム『Good Girl Gone Bad』も同様です。最近こういうの増えすぎ。
[→Leona Lewis / Bleeding Love [US Version] (Video)]
[→Ray J & Yung Berg / Sexy Can I (Video)]
[→Lil Wayne / Lollipop (Video)]
[→Lil Mama / Shawty Get Loose (Video)]


Top40圏内注目曲
12   ↑4  (15)  OneRepublic / Stop & Stare
19   ↑4  ( 6)  Flo Rida / Elevator (feat. Timbaland)
20  ↑23  ( 8)  Yael Naim / New Soul
27 ↑37 ( 2) Danity Kane / Damaged
29   ↑4  ( 9)  Jonas Brothers / When You Look Me In The Eyes
37  ↑4 ( 6) Rick Ross / The Boss (feat. T-Pain)
40  ↑8 ( 8) Trace Adkins / You're Gonna Miss This


引き続きOneRepublicが好調。Yael Naimは再評価(?)でTop40返り咲き。

今週のTop40ニューエントリーは4曲。
Lil WayneDanity Kane
Rick RossTrace Adkins

4/5付け The Billboard Hot 100 の続きを読む

これとこれも買いました。

 2008-03-24
HEART STATION60s 70s 80s

前作が予想外に良かったので、今回は宇多田さんのアルバムを即購入。
1曲目の「Fight The Blues」にはイントロを聴いた瞬間から即効でやられたが、
そのあとにシングル固めすぎじゃない?
もちろんシングルは良い曲ばっかりだけどさ。
アルバム曲も含めて、全体的には前作から肩の力が抜けて聞きやすくなった印象。
今の季節にはピッタリな爽やかアルバム。

iTunes Storeで売ってくれないので、安室ちゃんの「60s 70s 80s」も買ってしまいました。
DVD付きでも良かったんだけど、そんなに何回も見ないような気がしたのでCDのみ。
3曲収録された中でも、やっぱり自分は「WHAT A FEELING」が好きすぎる!
今週もしかしたら1位になるらしいですよ。
こういう洋楽チックなR&B/Pops曲でもヒットするなんて、
日本の音楽界にとっては本当に宝のような存在のアーティストですね。

L'Arc~en~Ciel 『KISS』

 2008-03-23
ここ2週間でカラオケに5回も行った。
前のブログのカラオケバトンで言ったとおりに、
僕はたいていポルノグラフィティ、L'Arc~en~Ciel、宇多田ヒカルくらいしか歌えません。
でね、キーが一番丁度良いラルクを散々歌っていたら、
「winter fall」「HONEY」「snow drop」「HEAVEN'S DRIVE」とかを歌っていた当時の彼らへの
大きな愛着心が急激に復活してきて、また聞きたくなったんです。
でもその当時はシングル曲をラジオやTVで聞く程度で、アルバムは買わなかったんです。
それなら一層のこと新しいアルバムを買っちゃおうということで、
そのカラオケ帰りに去年に出たアルバムの『KISS』を衝動買い。

KISS

車のCMでよく聞いていたシングルの「MY HEART DRAWS A DREAM」が結構好きだったんですが、
それ以外も良い曲ばっかりで「全部シングルカット出来るんじゃないか?」と思ってしまいましたよ。
(吹っ切れたように明るい「Hurry Xmas」はどうも好きになれないけどね。)

ときに爽やかな疾走感に溢れ、ときに美しく幻想的で、ときに怒るように激しく。
HMVの感想見てたら「バラバラ」との声が多いけど、今の僕には逆にそれが良かったみたいで、
「ラルクってこんなに色んな曲が出来るんだ!」と改めて再認識。
今までのアルバム全部揃えてみたいとまで思ってしまいました。
買って本当に良かった。洋楽じゃこんなバンドは居ません(多分)。


DAYBREAK'S BELL



この僅かなダークさと、それをサッとやってのけるクールさが最高すぎる!
これをカラオケで歌うのがマイブーム。
他の人がどう思うのかは置いておいて、裏声のトコを歌うのが最高に気持ち良い。

3/29付け The Billboard Hot 100

 2008-03-21
Top10
 1   → ( 5) Usher / Love In This Club (feat. Young Jeezy) [3 Weeks]
 2    →  (16)  Chris Brown / With You
 3    →  (21)  Flo Rida / Low (feat. T-Pain)
 4   → (20) Sara Bareilles / Love Song
 5    →  (17)  Rihanna / Don't Stop The Music
 6   → (11) Jordin Sparks duet with Chris Brown / No Air
 7   → ( 7) Ray J & Yung Berg / Sexy Can I [★AIRPLAY]
 8 ↑13 ( 5) Leona Lewis / Bleeding Love [★SALES]
 9   ↓1  (33)  Timbaland presents OneRepublic / Apologize
10   → (14) Lupe Fiasco / Superstar (feat. Matthew Santos)


UsherRay J & Yung BergLeona Lewis

Usherが3週連続1位。Top10中8曲が先週と順位が変わりませんでした。そんな中勢いよく飛び込んできたのはLeona Lewis! やはりTVパフォーマンスの影響が強かったようで、ダウンロードセールスでは2位にまで急上昇しました。UKの歌手がアメリカでも成功してるのを見るとなんだか嬉しくなります。何気にOneRepublicの曲はえらい長い間ランクインしてますね。
[→Usher / Love In This Club (Audio)]
[→Ray J & Yung Berg / Sexy Can I (Video)]
[→Leona Lewis / Bleeding Love [US Version] (Video)]


Top40圏内注目曲
11   ↑2  (15)  Miley Cyrus / See You Again
14   ↑2  ( 5)  Mariah Carey / Touch My Body
16   ↑8  (14)  OneRepublic / Stop & Stare
19 ↑73 ( 4) Lil Mama / Shawty Get Loose (feat. Chris Brown & T-Pain)
30   ↑2  (10)  The-Dream / Falsetto
33   ↑3  ( 8)  Jonas Brothers / When You Look Me In The Eyes
34   ↑3  ( 8)  Daughtry / Feels Like Tonight
36   ↑2  (11)  Pitbull / The Anthem (feat. Lil Jon)
37   ↑6  (10)  Fat Joe / I Won't Tell (feat. J. Holiday)


いつになったらMiley CyrusはTop10入りしてくれるんだ…。
OneRepublicが好調。

今週のTop40ニューエントリーは1曲。
Lil Mama

3/29付け The Billboard Hot 100 の続きを読む

Nelly & Fergie / Party People

 2008-03-20
Nelly & Fergie

Nellyのニューアルバム『Brass Knuckles』からの2ndシングル。

[→ココで聞けます。]

第一印象は「何これ…。」
インパクトは絶大で気分は上がるかもしれないけど、本当にただそれだけ。
曲としては滅茶苦茶だわ。

プロデュースはPolow Da Don。
Fergieの「London Bridge」が大ヒットしたからこれもヒットしたりするんでしょうか?
ヒットする音楽に何が求められているのか、よく分からんようになってきた。

Kat DeLuna / Run The Show (feat. Busta Rhymes)

 2008-03-19
気になったものはとにかく書くのがこのBlogの目標。

Run The Show

「Whine Up」がヒットしたもののアルバムが全然ヒットしなかったKat DeLuna。
そのアルバムからの2ndシングルがこの「Run The Show」。
シングルカットに当たってラッパーをBusta Rhymesに変えたみたい。



Videoも曲もかっこいい!
目新しさはないけど、こういうノリは大好きです。
Kat DeLunaって歌もダンスも出来る才能豊かな歌手だと思うけど、
イマイチ惹きつけるものが無いような気がするんですよね。

ところで、MySpaceには
「Kat DeLuna-9 Lives The Full Album Coming Spring 08」
と書いてある。
しかもiTunes Storeからアルバムが削除されていた。
もしかすると収録曲を変更してアルバムを再リリースするのかも?

まーた新しいブログかよ

 2008-03-19
ど~も、こんちは。
思いつきでブログをお引越ししました。これで3回目だな。
と言っても特に書く内容は変わらず、自分の気になる曲や好きな曲のことや
ビルボードのことについて書いていくつもりです。
でも今までみたいに、一つの記事にあんまり時間はかけないつもりなので、
思いつきだけのくだらない記事も増えていくかもしれません。
表現もくだけた言い方にしていきたい。

前からね、大して表現力もないくせに変にかしこまった文を書いてしまうのが嫌だったんです。
それは、「色々な人が見ている!」という意識が強すぎた結果なんですけどね。
このブログではもっと気軽に書いていきたいです。
というわけで、これからもよろしくお願いします!


Break The Ice

ブログタイトルは今の自分の好みを端的に表したBritney Spearsの曲です。
「ブレイク・ジ・アイス」っていう響きもなんか好きですよねー。

[→Break The Ice]
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。